ジェイ・B・バーニー著「企業戦略論(上)基本編 競争優位の構築と持続」は、上中下巻に分かれる戦略経営論テキストの基本編である。本書は、戦略の概念から始まり、外部環境における脅威と機会、企業や組織の強みと弱み(VRIOフレームワーク、RBV)について、300ページほどにまとめられている。

原著である「Gaining and Sustaining Competitive Advantage(競争優位を手に入れ持続させる)」は、1997年に出版されて以来、海外MBAの教科書として親しまれている。「企業戦略論」シリーズは、本書を含め全3巻で構成されている。

スポンサーリンク

戦略経営の基礎をバランス良く学びたい人におすすめ

本書の最大良さは、戦略経営についてバランス良く学べることである。さすがに海外のMBAの教科書として親しまれているだけあって、特定の理論に偏ることなく論じられている。序章には「本書の目的」として下記のように述べられている。

本書の目的は、企業戦略論ならびに関連分野で最新の研究成果を学生や実務家にわかりやすいかたちで要約・統合し、その実現への応用を促進することにある。

各章の構成は、まず「概念と事例」が述べられ、「本書の要約」という形で章全体を再度俯瞰し、最後に「演習問題」としていくつかの問いかけがなされている。典型的な教科書としての構成であり、一般的なビジネス書とは異なっている。特に「演習問題」の問いかけに対して思いを巡らせることで、より深く知識として落とし込むことが可能になっている。

ハイライトは分析フレームワークを使ったビジネス環境分析

本書は、「戦略とは何なのか?」「パフォーマンスとは何なのか?」を明らかにし、その後の章全体を通して、企業の外部環境と内部環境を分析する視点を提供している。多少の語弊があるかもしれないが、SWOT分析で洗い出すべき項目を、事細かに紹介している内容とも言える。

第3章「脅威の分析」では、かの有名なポーター氏の「5つの競争要因」モデルを中心に事例を交えた解説が行われている。ボリューム感はマイケル・ポーター著「競争の戦略」に劣るものの、コンパクトに分かりやすくまとめられている。

第4章「機会の分析」では、下記に挙げる「8つの業界構造」ごとに様々な機会が紹介されている。

  1. 市場分散型業界(Fragmented Industries)
  2. 新興業界(Emerging Industries)
  3. 成熟業界(Mature Industry)
  4. 衰退業界(Declining Industries)
  5. 国際業界(International Industries)
  6. ネットワーク型業界(Network Industries)
  7. 超競争社会(Hypercopetitive Industries)
  8. コアなし業界(Empty Core Industries)

これらの業界にはそれぞれどんな特徴があるのか、有名なコトラーの競争地位別戦略の概念も含め、様々な角度から機会を述べている。

第5章「企業の強みと弱み」では、RBV(リソース・ベースド・ビュー)、ポーター氏の価値連鎖(バリューチェーン)、VRIOフレームワークによる分析など、経営資源の分析に必要な知識がバランス良く紹介されている。

RBV(リソース・ベースド・ビュー)への言及は限定的

ジェイ・B・バーニー氏の代表的な概念「RBV(リソース・ベースド・ビュー)」については、本書の第5章で少し触れられているだけで、深く掘り下げられているわけではない。一方で、第5章全体の概念として企業内の資源をどう認識するかについて、考えのベースとなっている。

本書では「RBV(リソース・ベースド・ビュー)」について深くは触れないが、エッセンスを掴むのには十分だろう。もし、RBV(リソース・ベースド・ビュー)について深く学びたいのであれば、本書ではなくバーニー氏の他の論文を読む必要がある。

読書感想

筆者は、本書を読む前は「バーニー氏 = ケイパビリティ論」というイメージがあり、本書も「RBV(リソース・ベースド・ビュー)」を中心に話題が展開されているものと考えていた。しかしながら、読了後には良い意味で期待を裏切られた思いである。

本書はMBAの教科書であり、経営者が知っておくべき知識がバランス良くまとめられている。よって、戦略経営論全体を把握するのにはうってつけである。特に本書「基礎編」は、まず自分たちが置かれている環境と、自分たち自身を知る方法を得ることができる。

ビジネスで行き詰まったときに、自社の状況を客観的に分析したいときの助けとなる一冊になるだろう。



About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。