アルダファーのERG理論(Alderfer’s ERG Theory)は、可逆的であり同時に存在する「Exstence(存在)」「Relatedness(関係性)」「Growth(成長)」という3つの欲求を指しているモチベーション理論である。マズローの欲求段階を発展させた理論である。

スポンサーリンク

ERG理論の概要

1972年に、クレイトン・アルダファー(Clayton Alderfer)著「Existence, Relatedness, and Growth; Human Needs in Organizational Settings(存在、関係性、そして成長;組織環境における人間の欲求)」によって発表されたモチベーション理論が「ERG理論」である。

ERG理論の3つの欲求

ERG理論で挙げられる3つの欲求は下記のものを指す。それぞれの英単語の頭文字を取って「ERG理論」と呼ばれている。

  1. Exstence(存在):存在の欲求
  2. Relatedness(関係性):人間関係の欲求
  3. Growth(成長):成長の欲求

存在欲求(Exstence)

存在欲求は、人間として存在するための低次欲求である。マズローの欲求段階では「生理的欲求(Physiological)」や物理的な「安全欲求(Safety)」が相当する。

人間関係の欲求(Relatedness)

人間関係の欲求は、他者との人間関係を持ち続けたいという欲求である。社会的に他者との相互的なやり取りを通じて欲求を満たすことができる。マズローの欲求段階では対人的な「安全欲求(Safety)」や「所属と愛の欲求(Belongingness and Love)」、対人的な「尊重欲求(Esteem)」が相当する。

成長欲求(Growth)

成長欲求は、人間に本来備わっている成長を続けたいという高次欲求である。マズローの欲求段階では自己確認としての「尊重欲求(Esteem)」や「自己実現欲求(Self-actualization)」に相当する。

マズローの欲求段階との違い

マズローの欲求段階を発展させた理論のため、共通する部分が多いが以下の点で異なっている。

  • 同時存在性:低次〜高次欲求は同時に存在しうる
  • 可逆性:高次欲求が満たしにくい場合には低次欲求を更に満たそうとする

ERG理論の特徴とその例

アルダファーは、高次の欲求が満たされない場合は、低次の欲求を更なる努力によって満たそうとすると述べている。例えば、成長欲求がうまく満たすことができない場合、人間関係の欲求をより満たそうと努力するのである。

経営者として自己実現を達成したい(成長欲求)がために、異業種交流会や様々な集まりに次々と参加する(人間関係の欲求)ことや、職場で成長の機会が与えられない(成長欲求)ために、上司や仲間との人間関係を良くしようとする(人間関係の欲求)などが、このERG理論の例として当てはまるだろう。



About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。