インタレスト・カバレッジ・レシオICR、あいしーあーる:Interest Coverage Ratio)とは、経営分析における安全性分析指標であり、企業が稼ぎ出す利益がどれだけ余裕を持って利息を支払うことができるかを倍数で表した数値である。計算方法は、「営業利益」「受取利息」「受取配当金」の合計額を、「支払利息」「手形割引料」の合計額で除することで求めることができる。

スポンサーリンク

インタレスト・カバレッジ・レシオ概要

文字通り「利息(インタレスト)」を「カバーする(カバレッジ)」「割合(レシオ)」である。ICRは、利息を支払うために何倍の利益を持っているかを示すが、特定期間における利息支払いの安全比率とも言い換えることもできる。

たくさんの借入を行い、負債(他人資本)が増加するとインタレスト・カバレッジ・レシオが悪化する。ICRが低くなるということは、それだけ利益が利息に食われており、企業にとって負担になっているということである。もしICRの値が1を下回ってしまうと、利息の支払いが利益でまかないきれていないことになる。

企業が多くの借入を行って急成長している場合には、インタレスト・カバレッジ・レシオが1を下回る場合も考えられる。しかし、成熟市場や企業の成長率が低い時にICRが低いと、財務的な危険性を想定しなければならない。競争市場の状況や企業の成長ステージと照らし合わせて、数値を確認することが重要である。

通常のインタレスト・カバレッジ・レシオ

通常のインタレスト・カバレッジ・レシオの計算方法は、「営業利益」「受取利息」「受取配当金」の合計額を、「支払利息」「手形割引料」の合計額で割ることで求めることができる。

「受取利息」「受取配当金」や営業利益と同様に、利息を支払うための原資と考えることができる。これらを「営業利益」と合わせて「事業利益」と呼ぶ。一方で、同じ営業外収益の「受取家賃」などは財務活動や本業の収益でないため、通常はICRの計算に用いない。

分子においては「支払利息」は当然のことながら、「手形割引料」も加える。これは手形を現金に換えるときに、割り引いて金融機関に支払う手数料にあたる。借り入れに対する利息と似た性質を持つため、ICRの分母に加えることができる。

ICR=事業利益/(支払利息+手形割引料)

簡易的なインタレスト・カバレッジ・レシオ

計算を単純化する場合は、「営業利益」を「支払利息」で割ることでも求めることができる。手元の情報が限られている場合や、大まかに計算する場合に使用される。

簡易的ICR=営業利益/支払利息



About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。