エーベルの三次元事業定義モデル(Three Dimensional Business Definition Model)とは、1980年にデレク・エーベルが提唱した事業領域の定義フレームワークである。「エーベルモデル(Abell’s Model)」や「エーベルの三次元枠組み」とも呼ばれる。

エーベルは著書「Design The Business(事業をデザインする、邦題:事業の定義)」の中で、この「エーベルの三次元事業定義モデル」を発表した。

事業を定義する3つの軸

エーベルモデルが発表される以前は、1957年のイゴール・アンゾフの「製品市場マトリクス」など、製品または技術の軸と、市場(顧客)という軸の2軸で、事業領域が定義されていた。または、企業が所有する経営資源からの定義が一般的であった。しかし、エーベルは以下の3つの軸を、事業を定義するための軸として提唱した。

  • 提供された顧客グループ(Served Customer Groups)
  • 提供された顧客機能(Served Customer Functions)
  • 利用した技術(Technologies Utilized)

この3つの軸は互いに干渉することがないため、独立した「三次元」の軸として捉えることが出来る。この3つの軸を定義することで、事業の範囲を明らかにすることが出来る。なお、ここでの Functions とは単純に「機能」と言うよりも、「役割」や「必要とする機能」という意味合いが強い。つまり、その事業によって顧客が満たされるべき何らかのニーズを指している。

これらを言い換えると以下のようにになるだろう。

  • 事業の対象となる顧客
  • 満たされるべき顧客ニーズ
  • ニーズを満たすための技術

事業を定義する3つの問い

前述の3つの軸を問いに置き換えると、下記のようになる。

  • その事業の恩恵を受ける顧客は誰なのか?
  • その事業で満たすべき顧客ニーズは何なのか?
  • その事業はどんな技術によって実現できるのか?

これらの3つの問いの答えが明確になったとき、事業が領域として定義される。

特定の運送業を例に事業定義を行ってみると、

  • 業務用機器メーカー
  • 製品を購買者に早く安全に確実に届ける
  • 物流システム、物流ネットワーク、梱包ノウハウ

となる。



About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。