クロスSWOT分析(くろすすうぉっとぶんせき、TOWS analysis)とは、「TOWSマトリクス(とうずまとりくす)」というフレームワークから複数の戦略オプションを導く分析方法である。導かれる戦略は「SO戦略」「ST戦略」「WO戦略」「WT戦略」の4種類であり、いずれを戦略オプションとして採用するかについては戦略的意志決定が必要になる。

この分析手法は、複数の戦略オプションを立案するためのものであり、自動的に取るべき戦略が決定するものではない。また、4種類の戦略オプションが創出されるが、必ずしも全てが意味のある戦略になるとは限らない。そのため、その他の創発的戦略の立案手法と組み合わせることが必要になる。

スポンサーリンク

TOWSマトリクスの概要

TOWSマトリクス(クロスSWOTマトリクス)は、SWOT分析から得られた4つの要素を軸に取り、4種類の戦略オプションをプロットするために利用される。

1982年に、ハインツ・ワイリックによって「The TOWS Matrix — A Tool for Situational Analysis(TOWSマトリクス – 状況分析のためのツール)」という論文として発表された。表題の通り、状況分析から戦略を導くためのツールである。

日本では「クロスSWOTマトリクス」や「クロスSWOT戦略」という呼び名で馴染みがあるが、正式には「TOWSマトリクス」「TOWS戦略」と呼ぶ。

TOWSマトリクスの軸となるSWOT分析の4要素

TOWSマトリクスの軸は、通常のSWOT分析から導かれた4つの要素になる。

  • 目標達成の助けになる内部要因:Strengths(強み)
  • 目標達成の妨げになる内部要因:Weaknesses(弱み)
  • 目標達成の助けになる外部要因:Opportunities(機会)
  • 目標達成の妨げになる外部要因:Threats(脅威)

TOWSマトリクスから導かれる4種類の戦略オプション

TOWSマトリクスにプロットされた、SWOT分析の要素から下記戦略オプションが導かれる。

TOWSマトリクスと4つの戦略

SO戦略(Maxi-Maxi:マキシマキシ戦略)

「Strengths(強み)」を活かして「Opportunities(機会)」を最大化する。または、「Opportunities(機会)」を活かして「Strengths(強み)」をより大きく伸ばす戦略。

ST戦略(Maxi-Mini:マキシミニ戦略)

「Strengths(強み)」を最大限に活用することで「Threats(脅威)」からの影響を最小限に押さえ込む戦略。ゲーム理論ではマクシミニ戦略と呼ばれ、想定する最小の利益を最大化するための行動をとる戦略である。

WO戦略(Mini-Maxi:ミニマキシ戦略)

「Weakness(弱み)」を最小化するために「Opportunities(機会)」を最大限に活かす戦略。ゲーム理論ではミニマックス戦略と呼ばれ、想定する損害が最小化されるための行動をとる戦略である。

WT戦略(Mini-Mini:ミニミニ戦略)

「Weakness(弱み)」と「Threats(脅威)」を最小限に留めるための戦略。

クロスSWOT分析(TOWS分析)を行うための前提

TOWSマトリクスを使って、クロスSWOT分析(TOWS分析)を行うためには、通常のSWOT分析の結果が得られていなければならない。また、SWOT分析と同様に、作戦目標が明確になっており、戦略遂行中に作戦戦略の変更を迫られている状況であることが前提となる。よって、クロスSWOT分析(TOWS分析)から導かれる4つの戦略オプションは、新規の作戦戦略立案の選択肢には適していない。

クロスSWOT分析(TOWS分析)とTOWS戦略立案の参加者

クロスSWOT分析(TOWS分析)とTOWS戦略立案の参加者については、SWOT分析と同様に、事業戦略全体を把握している人物が望ましい。事業戦略とそれぞれの作戦戦略の関連性を認識したうえで、新たな作戦戦略を導くため、既存の作戦戦略と作戦目標についての理解が必要となる。

クロスSWOT分析(TOWS分析)を行う状況・タイミング

クロスSWOT分析(TOWS分析)とTOWS戦略立案は、既存の作戦戦略が行き詰まり作戦目標の達成が困難である場合や、作戦目標が予想に反して早く達成された場合に、タスクフォースのリーダーとその上長によってすみやかに分析が行われる。例としては、下記のような状況である。

  • このままでは作戦目標の達成が難しい
  • 早期段階で作戦目標を達成してしまった
  • 作戦戦略遂行中に大きな内部環境の変化があった
  • 作戦戦略遂行中に大きな外部環境の変化があった




About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。