付加価値額(ふかかちがく)とは、事業活動によってどれだけの新しい価値が生み出されたかを表した数値である。主に生産性分析の計算を行う際に、産出額(Output)として利用される。なお、付加価値額の計算方法は様々な方法があり、分析の文脈において使い分ける必要がある。

スポンサーリンク

付加価値額の意味

付加価値額を算出する理由としては、行っている事業が社会に対してどれだけの価値を生み出しているかを知ることにある。算出された付加価値額を、投入した経営資源で除算すれば、各経営資源の生産性が明らかとなる。

汎用的な付加価値額

売上高を売上原価で減算すれば売上総利益を求めることができるが、この売上総利益を汎用的な付加価値額として利用することが出来る。つまり、投入した売上高と売上原価の差を、顧客に提供した付加価値として認識する。

この方法では、様々な業種に対応することが可能である。小売業であれば売上原価は商品の原価であり、製造業であれば売上原価は材料費や外注費となる。計算も簡単であり、感覚的に認識が可能である。

付加価値額=売上高ー売上原価

付加価値活動の実体を捉える付加価値額

毎年発行される中小企業庁の中小企業白書に登場する計算方法は、営業利益から様々な経費を足し戻して売上総利益に近づけていく方法がとられる。算出する式は下記の通りである。

  • 付加価値額=営業利益+人件費+支払利息等+動産不動産賃借料+租税公課

営業利益は、売上総利益から「販売費および一般管理費」を差し引いたものであるが、人件費・賃借料・租税公課などは「販売費および一般管理費」である。また支払利息等は経常利益を算出する際に差し引かれる「営業外費用」である。

付加価値の創出には、人件費・賃借料・租税公課・動産不動産賃借料などが関わっているが、営業利益はそれらを差し引いた状態である。よって、足し戻す必要がある。

言い換えると、「販売費および一般管理費」の項目である旅費交通費・広告費・減価償却費など、売上原価に直接付加価値を加えることが出来ない支出を、付加価値額として換算しない算出法である。旅費交通費・広告費・減価償却費なども売上原価の一部として考える算出法とも言える。

付加価値額:営業利益に一部費用を足し戻す

 

この考え方と同様の付加価値額は下記のようなものがある。

  • 付加価値額=経常利益+人件費+金融損益+賃借料+租税公課+減価償却実施額
  • 付加価値額=営業利益+人件費+賃借料+租税公課+知財特許料+減価償却費

いずれも、何を付加価値活動と捉えるかが、違いとして現れている。

社会的貢献度を測るための付加価値額

中小企業庁の経営革新支援事業における付加価値額は、その事業がどれだけ社会的価値があるのかという視点に立った算出方法を使用する。計算式は下記のようになる。

  • 付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費

「人件費」については、社会に対してどれくらいの雇用を創出しているかの目安となる。また「減価償却費」は、将来に対してどれほどの設備投資を行っているかの目安となる。つまり、市場で商品やサービスの価値を高め、地域で雇用を行い、成長のための設備投資も行っている、というような社会経済への貢献状況を「付加価値」として算出しているのである。

付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費

戦略上の付加価値額

戦略遂行においては、生産性の分析が重要となるが、社会に対して何を付加価値として事業が提供しているのか、という視点によって付加価値額の計算方法が異なるだろう。つまり、意味のある経営分析を行いたいのであれば、経営理念やビジョンなど反映させた付加価値額の算出が不可欠である。

事業における付加価値活動が正常に推移しているかどうかは、上記例の付加価値額の算出方法にとどまらず、独自に計算式を可能である。一方で、業界内で他社と相対的な付加価値額を比較するのであれば、前述の中小企業白書に登場する下記の計算方法が有効である。

  • 付加価値額=営業利益+人件費+支払利息等+動産不動産賃借料+租税公課

付加価値額の定義と文脈

繰り返しになるが、付加価値額の算出方法はこれといった唯一の定義が存在していない。それは、何を持って付加価値とするかが、文脈によって異なるからである。付加価値額を求める必要がある場合には、文脈を読み取り、適切な付加価値額を算出することが肝要である。

 



About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。