5S活動(ごえすかつどう)とは、職場管理を円滑に進めるための概念で「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seisou)」の3Sに「清潔(Seiketsu)」「躾(Shitsuke)」を加えた5つの「S」で構成されている。5S活動は、そのプロセスを3Sで表現し、維持するための活動を「清潔」と「躾」で表している。

スポンサーリンク

5S活動の構成要素

5S活動は管理プロセスの「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seisou)」と維持活動の「清潔(Seiketsu)」「躾(Shitsuke)」で構成されている。「整理」「整頓」「清掃」は職場で常に繰り返されるプロセスであり、「清潔」と「躾」で望ましい状態を経常的に維持する。

管理プロセスの3S

  • 整理(Seiri):不要必要で分別し、必要なものを残し、不要なものを捨てる
  • 整頓(Seiton):必要なものがすぐに使えるよう、決められた場所に配置する
  • 清掃(Seisou):必要なもののまわりを掃除しておく

維持活動の2S

  • 清潔(Seiketsu):管理プロセスの3S「整理」「整頓」「清掃」をサイクルとして維持する
  • 躾(Shitsuke):皆でルールを守り、管理者の率先垂範で習慣化する

5S活動

5S活動による効果

5S活動を職場のグループ全員が一丸となって行うことで、職場環境の改善を期待することができる。例としては、環境美化、精神衛生の向上、作業の効率化、ケアレスミスの減少などが挙げられる。特に、小さなミスや事故の減少は、ハインリッヒの法則に基づいて、大きな事故やクレームの減少に繋がる。

基本的な概念としては、業務に必要なものを適時適切に利用できる環境作りであり、経営資源のロスを大幅に防ぐことが可能になる。

戦略と5S活動の関係性

戦略遂行においては、競合と自社が同じ規模の経営資源を有していた場合、5S活動等の経営資源のロスを防ぐための施策が明暗を分けることになる。

必要なものと不要なものが混在している場合、「整理」していなければそれらを選別するためのコストが発生する。また、繰り返しの作業や迅速な応答は「整頓」するかしないかで、リードタイムが大きな違いが出る。

5S活動が常に維持されていれば、それらの経営資源の減耗を防ぐことができ、本来の戦略遂行に経営資源を集中させることができる。

知識労働における5S活動

5S活動は、一般的に生産活動において実践されることが多いが、知識労働においても大きな効果を発揮する。特に知識労働が電子化された昨今では、電子ファイルに対する5S活動が重要となる。

電子ファイルは物理的なスペースを圧迫しにくいため、職場で「整理」「整頓」がまったく行われていないケースがよく見られる。しかし、5S活動を怠っていた場合、個人情報の流出や機密情報の漏洩などのリスクが大幅に高まる。

知識労働における5S活動の事例

  • 職場の共有フォルダ内の電子ファイルを「整理」し過去の不要なファイルを削除する
  • 整理した電子ファイルを部署別・利用頻度別などで「整頓」し、個人のパソコン内で重複しないように部署全体の共有フォルダに格納する
  • バージョン違いの電子ファイルが個人パソコン内で増加しないようにフォルダを常に「清掃」することを心がける
  • 定期的にパソコン内を「整理」「整頓」「清掃」し「清潔」さを維持する
  • 職場全体で電子ファイルや個人情報の取扱ルールを決めて徹底する


About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。