QCDとは、「Quality(品質)」「Cost(費用)」「Delivery(引渡)」の頭文字を取った言葉で、主に製造業において設計・生産時に重視される3つの視点である。それぞれの要素は、生産者側の視点と消費者側の視点があり、サービス業にもこれらの視点を適用することが可能である。派生として、PQCDSMEQCDSQCDDMなどが存在する。

QCDは、それぞれの要素がバランス良く保たれることで顧客満足度の向上に繋がるとされる。コストは「原価」「価格」、デリバリーは「配達」「納期」などに訳されることが多いが、文脈によって解釈が異なるため注意する必要がある。

また、QCDからの派生として、生産設計や生産管理に重点を置いたPQCDSME、サプライヤー選定のためのQCDDM、顧客視点に立ったサービスも含めたQCDS等も存在する。それぞれについても後述する。

スポンサーリンク

製造業でのQCD

生産管理では、QCDの視点から業務の最適化を図り、経営資源を効率的に利用することが求められる。また、生産する側と消費する側ではQCDの解釈が異なる。生産者は自らの視点のみならず、生産された製品を受け取る側のQCDも考慮に入れなければ、顧客満足度に貢献することができない。

製造業における生産者の視点によるQCD

  • Quality 品質:設計時に期待した製品の品質が保たれているか
  • Cost 原価:生産時の原価が適切な状態で保たれているか
  • Delivary 引渡:求められた数量と納期が守られているか

製造業における消費者の視点によるQCD

  • Quality 品質:期待している品質が保たれ、不良品が含まれていないか
  • Cost 価格:適正な価格で製品が提供されているか
  • Delivary 納入:期待する数量と納期で調達することができるか

サービス業でのQCD

サービス業では、製造業と同様にQCDの視点から業務の最適化を図ることができる。

サービス業における提供者の視点によるQCD

  • Quality 品質:サービス全体の品質が予定しているとおりに提供できているか
  • Cost 原価:サービス提供における売上原価が適切に保たれているか
  • Delivary 提供:利用者の需要を満たし、適時適切にサービス提供ができているか

サービス業における利用者の視点によるQCD

  • Quality 品質:期待したレベルのサービスが提供されたか
  • Cost 料金:サービスの内容や品質が料金と見合っているか
  • Delivary 享受:サービスを利用したいときに利用したい場所で受けることができるか

インターネットサービスでのQCD

インターネット上のサービスやソフトウェアについては、QCD全てを満たさない場合がある。特に「Quality(品質)」については、低品質な状態でサービスの提供を開始し、継続的な運営の過程で向上する。また「Cost(費用)」についても、外部性を重視する場合は採算を度外視する場合がある。一方で「Delivery(提供)」については、利用者から重視される傾向があり、顧客満足を高めるために「Quality(品質)」や「Cost(費用)」犠牲にする場合がある。

QCDからの派生:PQCDSME・QCDDM・QCDS

生産設計や生産管理に重点を置いたPQCDSME、メーカーなどが部品供給元であるサプライヤーを選定する基準として利用されるQCDDM、消費者などの顧客視点に立ったサービスも含めたQCDS等も存在しており、状況によって必要な要素を付け加えることができる。

生産に重点を置いたPQCDSME

  • Productivity 生産性:どのようにして生産効率を高めるか
  • Quality 品質:設計時に期待した製品の品質が保たれているか
  • Cost 原価:生産時の原価が適切な状態で保たれているか
  • Delivary 引渡:求められた数量と納期が守られているか
  • Safety 安全性:労働災害や事故を避ける工夫がされているか
  • Morale 士気:従業員の労働意欲が健全に保たれているか
  • Environment 環境:環境対策を考慮した生産体制や製品が実現できているか

サプライヤー選定の基準となるQCDDM

  • Quality 品質:期待する品質の維持と品質改善に取り組んでいるか
  • Cost 価格:適正な価格と維持とコストダウンに取り組んでいるか
  • Delivary 納品:納期を遵守しトラブル対策に取り組んでいるか
  • Development 開発:新技術やイノベーションに対して組織的に取り組んでいるか
  • Management 経営:健全な経営に基づいて安定的に部品の供給ができるか

顧客視点に立ったQCDS

  • Quality 品質:期待している品質が保たれ、不良品が含まれていないか
  • Cost 価格:適正な価格で製品が提供されているか
  • Delivary 納入:期待する数量と納期で調達することができるか
  • Service サービス:購入前後のサポートやフォローが十分に受けられるか


About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。