ROE自己資本利益率、あーるおーいー:Return On Equity)とは、経営分析において、自己資本(Equity)からどれだけの利益を生み出したかを求めるための指標である。計算方法は、損益計算書の当期純利益を、貸借対照表の純資産に含まれる自己資本で割ることで求めることが出来る。ROA(Return On Assets)と並んで、ROI(Return On Investment)の一種として分類される。ROEの数値は、高い方が好ましい。

戦略経営においては、株主にとって自分たちが出資した資本がどれくらい利益を上げているかを知るための指標となる。一方で、ROEは戦略遂行の結果として現れる数値なので、ROEの改善のみが経営の目的になってしまわないように気をつけなければならない。

スポンサーリンク

ROEの役割

ROEの計算の元になる自己資本とは、株主が企業に対して行った投資である。また、事業年度を重ねるにつれて、生み出した利益のストックとして繰越利益剰余金に加算され一部が配当される。つまり、自己資本には株主の出資分と、企業が自ら稼ぎ出した利益の両方が含まれている。その企業自らが調達した資本によって、どれだけ効率的に利益を生み出しているかを測るのがROEとなる。

計算におけるストックとフロー

計算には「当期純利益」と、「自己資本」の数値が必要となる。「当期純利益」としては、ある一定期間の資金の流量である「フロー」を示す損益計算書(P/L)の利益の項目を利用する。一方、貸借対照法(B/S)の純資産に含まれる「自己資本」は、一時点で貯蔵されている量を表す「ストック」の性質を持っている。そのため、「自己資本」をフローの性質に近づけるためには、期中平均値を計算する必要がある。

  • 期中平均値 = (期首ストック + 期末ストック)÷ 2

期中平均値を求めるには、期首と期末の残高が必要になる。期首の残高は前期末の残高に置き換えても計算が可能である。もし期中平均値を求めることが出来ない場合は、期末の貸借対照表の数値を用いることもある。

自己資本利益率

一般的なROE(自己資本利益率)の計算方法は下記のとおりである。

  • 自己資本利益率 = 当期純利益/自己資本

「自己資本」とは純資産から「新株予約権」と「少数株主持分」を差し引いたものを指す。

自己資本利益率=当期純利益/自己資本

ROEとROAの関係

ROA(資産利益率)においては、資金の元手として銀行などから借り入れを行った「他人資本」も含まれている。ROE(自己資本利益率)は、そこから負債などの他人資本によるレバレッジ効果を差し引いた数値とも言い換えることが出来る。ROEの計算式を分解すると、下記のようにROAと財務レバレッジが現れる。

  • 自己資本利益率 = 当期純利益/自己資本
  • 自己資本利益率 =(当期純利益/総資産)×(総資産/自己資本)
  • 自己資本利益率 = 総資産当期純利益率 × 財務レバレッジ
  • ROE = ROA × 財務レバレッジ

また財務レバレッジは自己資本比率の逆数なので、ROAを自己資本比率で割り引いても同様の結果を得ることが出来る。

  • 自己資本利益率 = 当期純利益/自己資本
  • 自己資本利益率 =(当期純利益/総資産)×(総資産/自己資本)
  • 自己資本利益率 =(当期純利益/総資産)÷(自己資本/総資産)
  • 自己資本利益率 = 総資産当期純利益率 ÷ 自己資本比率
  • ROE = ROA ÷ 自己資本比率

以上の計算式からも明らかなとおり、ROAを改善すればROEが改善する。その他のROEの改善方法としては、自己株式の取得と処分による自己資本の低減などが考えられる。つまり、現金預金を消費して株主から株を買い戻し、純資産の自己株式を消去すれば自己資本の総額は減少する。自己資本が減少すれば相対的に当期純利益の割合が高まり、ROEが改善する。

しかし、自己株式の消去によるROEの改善は、付加価値を生み出した事によるROEの改善ではない。一方ROAの改善によるROEの改善は、経営資源を有効に活用した結果での改善なので、社会への貢献度合いは高いと言える。

ROEと株価指標

株価指標であるEPS(一株あたり当期純利益)とBPS(一株あたり純資産)を利用することでも、ROEを算出することが可能である。ただし、ここでの自己資本は純資産と同等とする。

  • 自己資本利益率 = 当期純利益/純資産
  • 自己資本利益率 = (当期純利益/期中平均発行株式数)×(期中平均発行株式数/純資産)
  • 自己資本利益率 = (当期純利益/期中平均発行株式数)÷(純資産/期中平均発行株式数)
  • 自己資本利益率 =一株あたり当期純利益 ÷一株あたり純資産
  • ROE = EPS ÷ BPS


About 古市 大三

ダイゾーコンサルティング株式会社 代表取締役。日本経営士会認定 経営士、WACA認定 ウェブ解析士マスター、および経済産業省認定 応用情報技術者。7年の在米生活を経て、帰国後に起業。WEBデザイナー兼ディレクターを経て、WEBコンサルタントに転向。現在は戦略経営コンサルタントとして活動。その他、セミナー講師やウェブ解析士認定講座の講師も務める。